競馬の馬券「フォーメーション」などについて詳しく解説!

競馬 馬券

競馬の馬券「フォーメーション」をご存じでしょうか?

フォーメーションは、3連単または3連複などで使用することがよくある買い方です。

フォーメーション以外にも「ボックス」または「流し」などの買い方もあります。

・「フォーメーション」「ボックス」「流し」の特徴
・フォーメーション馬券のおすすめの買い方
・フォーメーションで推奨されない買い方

今回は、この「フォーメーション」と「ボックス」と「流し」について、またフォーメーションのおすすめの買い方についてご紹介します。

「フォーメーション」「ボックス」「流し」の特徴

「フォーメーション」「ボックス」「流し」の特徴

「フォーメーション」「ボックス」「流し」のそれぞれの特徴をご紹介します。

各自の特徴について詳しく見ていきましょう。

フォーメーションの特徴

フォーメーション馬券は1着、2着、3着の競走馬を(馬単であれば、2着以内の競走馬)各種の着順で1頭以上選んでいき、この中で購入することができる組み合わせを全部買うことが許される馬券のことを言います。

3連単のフォーメーションならば、買い目は①-②③-③④⑤のようになります。
3着の可能性になる競走馬が③④⑤、2着の可能性になる競走馬が②③、1着の可能性になる競走馬が①とこのように予想することになります。

ここで気になる部分は、2着も3着にも③が含まれている点です。
これは、この③がどちらかの順位で来る可能性が高いと予想した結果です。

ちなみに、この③が予想で1着になると感じたら、①③-②③-③④⑤という順番で組み立てることもできます。

上記の例は買い目を絞ったやり方で説明をしていますが、競走馬の①から⑤どれかが全て1着から3着までがゴールすると感じたら、①②③④⑤-①②③④⑤-①②③④⑤というような購入方法でも大丈夫です。

だがこの方法だと、購入する買い目の点数も増加してしまうので、各競走馬の倍率をチェックしてどの競走馬が1着から3着ゴールするのかしっかりと予想することが必須です。

フォーメーション3連単である①-②③-③④⑤の馬券を購入するとすれば、全部の通りでいくと①-②-③、①-②-④、①-②-⑤、①-③-④、①-③-⑤全部で5つ買う形となります。

ボックスの特徴

ボックスは自分が穴馬だと思う競走馬を選び、その選択した競走馬の全部の組み合わせを買うことを指します。
馬連だったら2頭以上となり、3連単だったら3頭以上をチョイスしていきます。

仮に、3連単のボックスを購入したその買い目をチェックすると、①③⑤⑧⑨というような形式となります。
3着以内にゴールしそうな競走馬を各種選択して、3連単で馬券を購入すると全ての通りは60点となります。

そして、選択した競走馬の5頭のボックスをフォーメーションでやってみると、①③⑤⑧⑨-①③⑤⑧⑨-①③⑤⑧⑨というような形となります。
3連単を全ての通りで購入すると、ボックスと同様60点という形となります。

このように選択した点数は3連単をボックスで5頭選んでいるので、名称として「3連単5頭ボックス」と言われます。

ちなみに、この馬券の買い方は小嶋春菜さんも同様の手口でこの馬券を買っています。
この方法で高い配当金を当てているので、的中する信憑性は非常に高いです。

流しの特徴

流しは、メインとなる軸馬をまず決めます。

3連単、3連複だったら、1頭~2頭を選択。
馬単とかの連勝式のものであれば、1頭だけをチョイスします。

ちなみに軸馬とは、この競走馬は必ず1着になるという競走馬を指しています。

軸馬が決まれば、今度はその次に来る競走馬の相手をいくつか選びます。
ちなみにこの相手とは、軸馬の次に来ると思われる競走馬 (2着~3着)のことを指します。

軸馬を1着と仮定して、次に来る2着~3着になると思われる競走馬は全ての通りで購入します。
これが一般的に言う「流し」になります。

ちなみに、その次にくる相手の競走馬を、軸馬以外でレースに出馬する全部の馬番を買うことを「総流し」と言います。
この総流しで馬券を買う時は、軸馬さえ1着に来れば後はどの競走馬に入ってもOKなので、かなり的中率が高いです。

3連単軸1頭流しの買い目を例として挙げると、軸①-相手②③④⑤のようになります。
このような選び方をした時は、1着①-2着②③④⑤-3着②③④⑤という購入方法となります。

ちなみに合計、12点を買うことになります。

フォーメーション馬券のおすすめの買い方

フォーメーション馬券のおすすめの買い方

フォーメーション馬券でおすすめの買い方は以下の2つになります。

・購入点数は30点以内に抑えておく
・9頭以内のレースに挑む

これらの買い方について詳しく見ていきましょう。

購入点数は30点以内に抑えておく

次は3連単フォーメーションの購入する点数についてお話しします。

このフォーメーションの大きな強みである「買い目を絞る」ことをしっかりと活かすように心がけてください。
なので、購入する買い目は最大で30点以内に収めるようにしてください。

ちなみに推奨する購入方法は、1着の順位として固定したい競走馬をきっちり1頭に絞って買う方法です。
このような買い方をすれば、その買い目が30点だったとしても2着、3着に予想で固定できる競走馬を各自6頭まで選択することが可能です。

1着になる競走馬を当てるのは案外難易度が高いかもしれませんが、2着、3着になる競走馬を選ぶよりかは比較的難易度が低いかと思われます。

基本として、まず軸馬となる1着になる競走馬を自分の中で決定し、次に予想できる競走馬の相手を選択するというような感じでフォーメーションを形成することをおすすめします。

9頭以内のレースに挑む

3連単フォーメーションで馬券を買う時は、レースに出馬する競走馬の頭数には気をつけなければいけません。
もし、フォーメーションの馬券を初めて買う方であれば、レースに出馬する競走馬の頭数は9頭以内に留めておきましょう。

出馬する頭数が比較的少ないレースで当てることができなければ、頭数が多い18頭の競走馬が出馬するレースにて、フォーメーションでしっかりと当てることはかなり厳しいです。

出馬する頭数が多いレースで大金を稼ぎたい気持ちは分かりますが、最初の頃はまだ当たる確率の高い9頭以内のレースを当てることに集中しましょう。

フォーメーションで推奨されない買い方

フォーメーションで推奨されない買い方

フォーメーションで推奨されない買い方としては、買い目を多くさせてしまうことです。
買い目を増殖してしまうと、フォーメーションの大きな強みである「買い目を絞る」を全て消し去ってしまうことになってしまいます。

マルチより買い目を減少させることが可能なのに、増やしてしまってはフォーメーションの意味がありません。

さっきもお伝えしたように、買い目は30点以内に留めておくことをしっかりと覚えておいてください。
この買い目が30点以上になりそうな場合、3連単フォーメーションを購入することを止めておいた方が吉。
別の馬券を買うという選択も視野に入れといた方がいいでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、競馬の馬券の買い方である「フォーメーション」「ボックス」「流し」のそれぞれの特徴について、おすすめのフォーメーションの買い方についてお話しさせていただきました。

フォーメーションは、1着、2着、3着の競走馬を各種の順位で一頭以上選んでいきます。
そして、この中の組み合わせを全部購入する事がOKな買い方のことを言います。

3連単のフォーメーションであれば、買い目は①-②③-③④⑤のようになります。

フォーメーションは1着から3着の着順に固定することができる買い方なので、買い目を絞り込むことができます。

さらに、この買い方である絞り込むことにもっと特化したいのであれば、1着と思える固定馬をあらかじめ1頭のみに決めておけば、30点以内に点数を抑えることができます。

3連単フォーメーションに興味がある方は、ぜひ挑戦してほしい買い方です。