初心者でも使える競馬馬券のおすすめの買い方4選ご紹介!

競馬 馬券

競馬初心者でも使える、競馬馬券のおすすめの買い方がいくつか存在しています。

その買い方は、そんなに難しいものではありません。
しかも、競馬玄人もよく実践的に使用されているものばかりです。

競馬を初めて参戦する人でも、的中する可能性や高配当金が狙える可能性のあるものがほとんどです。 初めての競馬で当てたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

・競馬初心者におすすめする馬券の買い方4選
・初心者が競馬馬券を購入する前に心がけること

今回は、競馬初心者にもおすすめできる馬券の買い方と、馬券を買う前に心がけることをそれぞれご紹介します。

競馬初心者におすすめする馬券の買い方4選

競馬初心者におすすめする馬券の買い方4選

競馬初心者におすすめする馬券の買い方は、以下の4つになります。

・3連複6頭ボックス
・3連複1頭流し
・3連複フォーメーション
・ワイド6頭ボックス

これらの買い方について詳しく見ていきましょう。

3連複6頭ボックス

初心者でも使える買い方は、3連複6頭ボックスになります。

このボックスは、まず自分が軸馬だと思える競走馬を選択します。
その軸馬が全部の買い目となるような組み合わせをしていきます。
そして、全て同等の値段で買うというやり方となります。

1着から3着までにはゴールする可能性の高い競走馬を6頭選択して、各自3着以内にゴールすると思われる組み合わせを全部購入する方法です。

3連単で実施すると、競走馬の着順も決めなければいけないので的中率が下がってしまいます。
しかし3連複なら、競走馬の着順が不確実でも大丈夫なので、自分が選択した競走馬が1着から3着のどこでゴールをしてもOKです。

全部で20通りあるので各自100円投資したとしても、その馬券の全投資金額は2,000円になります。
初心者でも、あまり重く考えずに出せる金額かと思われます。

たまにですが、100倍や1000倍などの高倍率があります。
実際に2017年12月3日中京7レースにて、なんと55,088倍の配当が現実になりました。

リスクが少なく的中率もそれなりにあり、高額当選する可能性もあるのでかなりおすすめのやり方になります。

3連複1頭流し

この1頭流しは、まず軸馬を1頭選択します。
その軸馬が1着から3着、どれかにゴールすることが1つ目の条件です。
そして相手として選択した競走馬2頭が、1着から3着の中に無事ゴールさえすればその馬券は当たりとなります。

1頭流しとボックスとの相違点は、買い目であるその点数をもっと絞り込むことができる部分です。
しかしその分、的中率は下がります。

これは競馬で低価格で馬券を購入して、競馬レースに参戦したい方におすすめです。

3連複フォーメーション

このフォーメーションは、買い目である点数をボックスより少なくさせることができます。

さらに1頭流しより的中率が高いです。
ちょうどボックスとフォーメーションの中間あたりの買い方となります。

回収率も的中率も極端になることなく、ちょうどいい範囲の買い目で馬券を購入することができます。
これは長期購入にも向いている買い方です。

このフォーメーションを組み立てる時は、まず1列目の軸馬を1頭に絞っていきましょう。
自分なりに軸馬が絞れない時は、レースに出馬する競走馬の頭数が多いことが原因なので、その場合は別の少数レースで手を打ちましょう。

この1列目の競走馬は倍率関係なく、自分が最も穴馬だと思える競走馬を選択してください。
倍率関係でいくと、複勝で最低でも配当2倍以上の競走馬をチョイスするのがベストです。

その次である2列目の競走馬の選択ですが、これは3連複フォーメーションの肝の部分でもあります。

2列目の競走馬は、1頭に固執しなくても大丈夫です。
最初に決める競走馬は、人気順もしくは過去のデータを見て選択をして、あとの選択は自分が穴馬と思えるものをチョイスしていきます。

3列目は競走馬を1頭選択するごとに、点数が3点ずつ増加していきます。
9頭ならば18点、10頭であれば21点となります。
3列目に入る競走馬は、馬券に少しでも食い込むと思われる競走馬をチョイスしましょう。

これらの方法で実施すれば、メインである穴馬2頭は選択しているため、レースが多少荒れていたとしても当たる可能性は十分あります。

1回のレースで高額当選したいのであれば、この3連単フォーメーションを実施すれば良い結果をもたらしてくれる可能性が比較的高いです。

ワイド6頭ボックス

ワイド6頭ボックスは、ボックスと同様の仕組みです。

ただワイドは、3着以内にゴールする競走馬を2頭的中すれば当たりという買い方です。
この選択した競走馬6頭のうち、1着から3着どの着順でも入りさえすればその馬券は当たりとなります。

3連複6頭ボックスと比較してみると、配当金額は少し低くなってしまいます。
しかしその分的中率は高くなるので、重複で当たりがくる可能性があります。

初心者が競馬馬券を購入する前に心がけること

初心者が競馬馬券を購入する前に心がけること

初心者が競馬馬券を購入する前に心がけることは以下の通りです。

・競馬の知識や情報を身に付ける
・初めての場合は馬券が外れるのは当たり前

これらの理由について詳しく見ていきましょう。

競馬の知識や情報を身に付ける

競馬初心者の方は、競馬知識を知らずにただ馬券を買っている人がほとんどです。
それだとただあてずっぽに馬券を購入していることになるので、競馬で当てることや高額配当などはまず困難でしょう。

なので馬券を買う前に、まずは競馬に関する知識や情報をしっかり集めるところから始めてください。

競馬予想に関する情報なら、競走馬や騎手の過去のレースデータをしっかりと把握することです。

それさえ知っておけば、この競走馬と騎手はどのようなコース内容だったら、素早く走行できるのかすぐに判断することができます。

さらに、各競走馬の血統も知識として入れておくと、競走馬の主な能力やレースの適性などが見えてきます。

その他にも、競馬に関する基礎知識やルールなども競馬をやっていくうちに必要となってきます。
それらも頭の中にしっかりと入り込んでから、競馬を楽しむようにしましょう。

初めての場合は馬券が外れるのは当たり前

競馬初心者の方は、レースで馬券が外れたとしてもそんなに気にする必要はありません。

競馬初心者がマイナスを出すのは当然なことです。
そこからなぜマイナス収支になったのか、自分なりにいろいろ研究すればその原因が見えてきます。

そして、プラス収支にもっていくように努めていけば、的確に馬券を当ててプラスの収支に変えることができます。

競馬を続けていくと、何が駄目だったのかどうすれば良くなるのかおおむね把握することができます。
いろいろ経験を積むことにより、馬券を当てる兆しが見えてきます。

このように競馬で長年経験をしていくうちに、いつの間にかプラスの収支が当たり前のようになっていきます。

まとめ

まとめ

今回は、競馬初心者にもおすすめできる馬券の買い方と、馬券を買う前に心がけることそれぞれご紹介いたしました。

競馬初心者でも、馬券を購入して勝てると考えられるおすすめの買い方は

・3連複6頭ボックス
・3連複1頭流し
・3連複フォーメーション
・ワイド6頭ボックス

の4つになります。

3連複6頭ボックスなら、全20通りを各自100円ずつ投資すれば、その馬券の投資金額はたった2,000円で済むことができます。
これだけでも高い配当金を的中させるチャンスが十分あります。

ワイド6頭ボックスなら、的中率が高いため重複で当たりが来る可能性があります。

3連複フォーメーションであれば、たとえレースが荒れたとしても、この買い方なら当たる確率が十分あります。

もし馬券の代金を最小限まで抑えたければ、的中率は下がりますが3連複1頭流しをおすすめします。

配当金額や的中率、レースの状況などを見て用途、用途で買い方を選択してください。

競馬初心者の方は、ある程度競馬の知識や情報を身につけて、ぜひ自分好みの馬券を購入してみてください。
もし競馬で高額当選をしたら、それは非常に嬉しいものです。